京都市中京区

【円町 リバーブ】スパイスを五感で味わい、身体の芯から温まる京都の本格カレー店

いよいよ紅葉シーズン到来ということで、京都市内は国内外からの観光客で溢れかえって来ましたね。土日ともなると有名観光地のある周辺では交通規制が敷かれ、だいぶ移動がしづらくなりました。。。そんなことはさておき、先日ヘビロテしたくなるようなカレー店に出会いました。スパイスたっぷりの本格自家製カレーを提供する「円町 リバーブ」。早速ご紹介しましょう!

「円町 リバーブ」ってどんな店?

「円町 リバーブ」は、JR円町駅から徒歩5分の西大路通り沿いに面した場所にお店があります。JR円町駅は京都駅から3駅で、あまり馴染みはありませんが、意外とアクセスが良い場所です。

こちらがお店外観です。カタカナで「カレーライス」と書かれた看板が目印です。昔の喫茶店のように入り口は若干スモークがかった扉なので、外から中の様子が見れず入りにくい雰囲気だったのですが、

勇気を出して一歩足を踏み入れると、カウンターにずらりとスパイスが並べられた今風のお洒落なデザインの内装でした。

席はカウンター席6席と2人掛けのテーブル席が3席の小さなお店です。

メニューはこちら。まずは好みのカレーを選び、その後好きなご飯の種類をオーダーします。ご飯は白米、玄米、白米&玄米のハーフ&ハーフの3種類から選ぶことができます。また、ランチセットを頼むと、ソフトドリンクが200円オフになるので、ドリンクも一緒に頼みたい方は、ランチセットがお得です。

口の中でスパイスの香りが広がり、食べ進めるごとに身体の芯から温まるシャバ系カレー

こちらが今回僕が注文したタンドリーチキンカレー(大盛り)です。ご飯は白米と玄米のハーフ&ハーフにしました。カレールーは適度なシャバシャバ感が特徴的で、小麦粉を一切使用していないそうです。

また、お皿にはカレールーとご飯の他に小さなおかず4種が付いてきます。どうやらこの4種はかぼちゃ・黒ごまのペースト、そして大根のレモンスパイス漬けと紫キャベツのハーフピクルスのようです。スパイスなルーにマイルドなペーストが少し辛さを和らげてくれて、とても相性の良いトッピングです。

また、ルーに入っているタンドリーチキンはとてもジューシーな味わい。カレーを食べ進めるごとに程よい辛さが押し寄せて、じわりじわりと額と首筋に汗が流れました。

ただ不思議なことに、スパイス感の強いカレーなのですが、完食した後に全く胃もたれがない!もしかしたら一切小麦粉を使用していないからなのか、スパイスがうまく作用しているのかはわかりませんが、身体の芯から温まる、そんな感覚を覚えるカレーでした。

カレー好きには是非一度足を運んでいただきたい本格スパイシーカレー!寒い時期にもぴったりですよ。

「円町 リバーブ」の口コミ

「円町 リバーブ」のおすすめポイント

NEOが実際に行ってみて感じた「円町 リバーブ」のおすすめポイントはこちら!

•たくさんのこだわりスパイスを調合した本格カレー店

•トッピングの4種のおかずがスパイスの効いたカレーと絶妙にマッチ

•No,小麦粉、No,胃もたれの健康的なカレー

「円町 リバーブ」のアクセス・詳細情報

住所 〒604-8464 京都府京都市中京区西ノ京南円町135 コーポ円座104
営業時間 [火~日]
11:30〜15:00(L.O)
17:00〜20:00(L.O)
電話番号 075-801-8102
アクセス JR嵯峨野線「円町」駅 徒歩5分
Translate »