京都市伏見区

【つけ麺 きらり】もっちもちの太麺と旨味凝縮の濃厚スープが絶品の人気行列店

「伏見でつけ麺といえば?」と聞けば、多くのつけ麺好きが口を揃えて答えるのが「つけ麺 きらり」さん。お昼時ともなれば、多くの人たちが列をなす人気行列つけ麺店です。前々から行ってみたいと思っていたのですが、なかなか行くタイミングがなく、今回は念願の初来店となりました!それでは早速ご紹介しましょう!

「つけ麺 きらり」ってどんな店?

「つけ麺 きらり」は、京阪電車「中書島」駅から徒歩3分の場所にあります。ほぼ大阪との県境に近い場所です。

伏見といえば、名酒の街とも呼ばれるほど、有名な日本酒の酒蔵が集まる場所でもあり、黄桜や月桂冠などの大手酒会社もここ伏見に本社を構えています。また、伏見はあの幕末の志士・坂本龍馬とも縁の深い場所で、街の至る所で坂本龍馬の姿を目にすることができます。

駅構内の待合室の前にも坂本龍馬の姿がチラリ。

さてさて、坂本龍馬に見送られながら、「つけ麺 きらり」を目指します。駅から歩くこと2,3分。道路の向こう側に何やら行列のできているお店を発見!看板を見ると「つけ麺 きらり」。お昼時より少し早めにお店に来たものの、さすがは超人気店!すでに多くのお客さんが並んでいました。

列に並ぶと、まず先に店内で食券を購入することに。

店内はカウンター11席のみで、こじんまりとしています。

こちらが食券販売機です。レビューサイトでの口コミを見ていると、定番の魚介豚骨以外のメニューも人気のようです。とりあえず、僕は定番の魚介豚骨を選びました。一方の相方は海老つけ麺を選択。1日15食限定なので、そちらも気になりますね!

口の中に広がる凝縮された魚介豚骨の旨味ともちもちの食感が病みつきになる極太麺

約40分ほど外で並び、店内に入ってからも10分ほど待ち、ようやく待望のつけ麺にたどり着けました!

ご覧の通り、麺の太さは極太!メンマも食べ応えのある極太サイズにカットされています。

お店のオススメの食べ方で、まずはスープにつけず麺だけを味わってくださいと書いてあったので、その通り従うことに。もっちもちの食感で、麺自体の味もはっきりとしていて、とても美味しい!!!

つけ汁はとにかく濃厚で少しとろみがかっているため、極太麺とよく絡みます。少しクリーミーな味わいもあり、一度食べ始めたら、脇目も振らず一心不乱に食べ進めてしまいました。伏見を代表するつけ麺と言われる所以が理解できました。本当に美味しいです!

せっかくなので、相方のオーダーした海老つけ麺も少し試食させてもらいました。

こちらは一口食べると、海老の風味がガツンと口の中に広がります。とても美味しいのですが、個人的には少し海老の風味が強すぎるかなとも思い、魚介豚骨の方が好みでした。

次回は、こちらも口コミで評価の高いカレーつけ麺や辛つけ麺にも挑戦してみたいと思います!その際は、また追記でレビュー書きますね!

「つけ麺 きらり」の口コミ

「つけ麺 きらり」のおすすめポイント

NEOが実際に行ってみて感じた「つけ麺 きらり」のおすすめポイントはこちら!

•麺とよく絡むクリーミーな味わいの濃厚魚介豚骨スープ

•スープなしでも楽しめるつるつるもちもちの食感と小麦の風味が絶品の極太麺

•海老つけ麺やカレーつけ麺など、バラエティ豊富なつけ麺メニュー

「つけ麺 きらり」のアクセス・詳細情報

住所 〒612-8213 京都府京都市伏見区東浜南町660−3
営業時間 11:00~14:30 ※スープ売り切れしだい終了 定休日:水・木曜日
電話番号 075-611-0565
ホームページ https://twitter.com/tsukemenkirari
アクセス 京阪本線・宇治線『中書島駅』北改札口より徒歩約2分
Translate »