京都市伏見区

【蕎麦ヒハマタノボル】伏見の名店が手掛けるラー油の風味が効いたボリューム満点の極太肉蕎麦専門店

京都・伏見稲荷の名店「ラー麺 陽はまた昇る」。鶏ガラと豚骨の旨味を存分に引き出した濃厚スープのラーメンが人気のお店です。そして、その姉妹店となるお店が「伏見稲荷」駅から一つ隣の駅「藤森」駅にありました。その名も「蕎麦ヒハマタノボル」。なんとラーメンではなく、今度はお蕎麦を提供するお店ということで行ってみました。それでは、早速ご紹介しましょう!

「蕎麦ヒハマタノボル」ってどんな店?

お店は京阪電鉄「藤森」駅から徒歩3分の場所にあります。近くに龍谷大学があるため、客層は学生が多い印象でした。

まずはお店の外にある券売機で食券を買います。お昼は名前の通り蕎麦を提供するお店なのですが、夜はつけ麺を提供するお店に変わるそうです。なので、お蕎麦を食べたい方は是非日中の11:00〜14:30の間に行ってください。ちなみに夜のつけ麺の部は18:00〜23:30までの営業時間だそうです。

早速中へ入ると、席はカウンターのみ11席だけのこじんまりとした店内でした。この日は平日の13時過ぎに行ったのですが、並ばずに入ることができました。ちなみに伏見稲荷の店舗は観光シーズンということもあり、お昼時には店の外にまで列をなしていました。

ラー油が香るごまの風味とピリ辛つけダレと相性抜群のお蕎麦が絶品

席に着いてから10分ほどで肉蕎麦が出てきました。ちなみに今回は肉蕎麦の大盛りを注文しました。また、食券を店員さんに渡す際に温盛りと冷盛りどちらかを選ぶことができます。

お蕎麦の上には溢れんばかりの豚バラがどっさりと乗っかっています。さらにそのお肉の上には、どっさりと風味豊かな刻み海苔がトッピングされています。

お蕎麦のつけダレはラー油が効いた和風ダシです。これから暑くなる時期にはピッタリの少しピリ辛な味が食欲をそそります。また、お蕎麦との相性は意外にもとても相性が良く、お肉でお蕎麦を包むように食べるのが個人的にオススメの食べ方です。

ある程度お蕎麦を食べ進めたら、途中で味の変化が欲しいという方も多いことでしょう。そんな方は、カウンターテーブルに常備されている生卵をダシ汁に入れてみてください。お蕎麦に絡む玉子とダシ汁がこれまた絶品で、喉越しもさらに良くなります。ちなみに玉子は無料なので、興味本位でも是非試してみてください。

そして、お蕎麦の〆と言えば、やはりそば湯ですよね。蕎麦を食べ終えた後に店員さんに一言言えば、そば湯を出してくれます。このそば湯をダシ汁の中に適量入れることで、つけダレも余すことなくスープとして最後まで楽しむことができ、大満足で完食しました。

いかがだったでしょうか?大半の蕎麦は、とてもあっさり食べ応えかと思うのですが、このお店のお蕎麦は割とがっつりとした食べ応えで、一味違った蕎麦を楽しめました。学生に人気の理由も良くわかります。是非伏見周辺で一味違ったお蕎麦を楽しみたい、もしくは陽はまた昇るのファンであれば、是非一度は訪れてみてください。ちなみに、夜の部のつけ麺も気になるので、次回は夜に再訪してみたいと思います。

「蕎麦ヒハマタノボル」の口コミ

「蕎麦ヒハマタノボル」のおすすめポイント

NEOが実際に行ってみて感じた「蕎麦ヒハマタノボル」のおすすめポイントはこちら!

•伏見の人気ラーメン店が手掛けるこだわりの本格肉蕎麦

•ラー油とダシの効いた特性つけダレと相性抜群の風味豊かな極太蕎麦

•昼は肉蕎麦専門店。夜はつけ麺専門店に様変わり。

「蕎麦ヒハマタノボル」のアクセス・詳細情報

住所〒604-8462 京都府京都市伏見区深草野田町8-3
営業時間昼:11:00~14:30(L.O) 蕎麦のみ 夜:18:00〜23:30(L.O) つけ麺のみ  【定休日】 木曜日
電話番号075-642-3113
駐車場店の裏側に自転車・バイクの駐輪場あり。近隣にコインパーキングあり(6台)
アクセス京阪電鉄「藤森」駅より、徒歩3分
Translate »