京都市中京区

【SPRING VALLEY BREWERY KYOTO】町屋を改装した店内でクラフトビールを堪能

京都ならではの町屋を改装した店内でクラフトビールが楽しめる「SPRING VALLEY BREWERY KYOTO」。味も見た目も異なる6種類のクラフトビールと”和クラフト”料理が楽しめるレストランを今回はご紹介しましょう!

「SVB KYOTO」ってどんな店?

SVBの歴史が始まったのは、遡ること3年前。2015年に流行の発信地である東京・代官山にて様々なビールづくりに挑戦するブルワリーパブ「SPRING VALLEY BREWERY」第一号店がオープンしました。

”ビールの持つ自由で無限の可能性”や”自然と人が作り上げるビール本来の姿”を追い求め続け、「日本のビール文化をもっと面白く」をモットーに、その後二店舗目を港町・横浜で。そしてついに伝統文化の街・京都に第三号店が昨年9月にオープンしました。

店舗があるのは、昔から京都の台所として地元民に愛され、今では一大観光地として栄える錦市場からほど近い場所。築約100年の町屋をリノベーションした店内には、ビール醸造所が併設されており、ビールができるまでの工程を間近で見ることができます。

店内は、外の古い町屋の見た目とは異なり、若者が好みそうなモダンなデザインに仕上がっています。

僕が訪れたのは昼のランチ時だったのですが、すでに店内には頬を少し赤らめながら、ビールを片手に食事を楽しんでいる人がたくさんいました。昼間から飲めることほど贅沢で幸せなことはないですね笑

「SVB KYOTO」のオススメメニュー

「SVB KYOTO」のオススメメニューは、6種類のビールと各ビールに合わせたおつまみが楽しめるペアリングセット(2,300円)です!ただ、お昼に来ると、ランチ限定で6種類のビール(おつまみなし)が1,000円で楽しめるメニューがあるので、僕はランチメニューのローストビーフ丼と合わせて注文しました。

6種類のビールの中には、ゆずと山椒のビール、ラズベリーのビールなどがあり、一体どんなビールなのか、各ビールの説明が書かれたコースターを眺めながら、妄想が膨らみます。

いざ、目の前に並べられた6種類のビールは色も香りも味も千差万別。まさにビールという概念が覆される体験でもありました。ビールってこんなにも奥が深いんですね〜(←未だによくわかっていない。。。)

また、ランチセットで頼んだローストビーフ丼もビールとの相性は抜群。何気に皿の端にちょこんと置かれたしば漬けがとても良い口直しで名バイプレーヤー感溢れてました。

同じくランチメニューで注文したハンバーガーも食べ応え十分で、ビールが進む進む。ただ、ローストビーフ丼の方が個人的には好みでした。

今、京都ではクラフトビールのお店が軒並み増えつつあり、空前のクラフトビールブームが到来しています。どうしても日本酒のイメージが強い京都ですが、年々ビールの注目度は増すばかり。なので、今回ご紹介した「SVB KYOTO」もビール党には是非一度訪れていただきたいお店の一つです。

意外にも、パブ感覚で入れるくらいのリーズナブルなメニューが揃っていますよ!(特にランチはお得)昼飲み、夜飲みに使える京都ならではの町屋のビアパブ。いかがでしょうか?

「SVB KYOTO」の口コミ


Twitterに書かれている口コミを見ると、昼飲みでSVBを訪れる人も多そうですね!あと、お酒が飲めない人でも楽しめるようなので、ビールが苦手という方も是非SVBの料理を堪能してみてください!

「SVB KYOTO」のおすすめポイント

NEOが実際に行ってみて感じた「SVB KYOTO」のおすすめポイントはこちら!

•京都ならではの町屋をリノベーションしたお洒落な店舗

•SVB KYOTOでしか味わえないクラフトビールが飲み比べできる

•ビールが苦手な人でも楽しめる充実したフードメニュー

「SVB KYOTO」のアクセス・詳細情報

住所 〒604-8056 京都府京都市中京区高宮町(富小路通)587−2 富小路通) 錦小路上る
営業時間 11:00~23:00(フード L.O22:00、ドリンク L.O22:30)。無休。
電話番号 075-231-4960
ホームページ http://www.springvalleybrewery.jp/kyoto/
アクセス 市営地下鉄四条駅より徒歩約7分
阪急河原町駅より徒歩約5分
四条高倉 バス停より徒歩5分
Translate »