京都市中京区

【スターバックス 京都三条大橋店】夏の風物詩・納涼床から鴨川が眺められる絶好のロケーション

京都といえば、夏の風物詩とも言える納涼床が有名です。納涼床は毎年5月〜9月にかけて、鴨川沿いの料理店や茶屋が川の上や屋外で川のよく見える位置に座敷を作り、料理を提供する伝統文化として現代にまで継承されています。

そして、京都のスタバには、この納涼床でカフェが楽しめる店舗があるのはご存知ですか?天気の良い日は、鴨川の景色を眺めながら納涼床のテラスで冷たいアイスコーヒーをゴクリ。納涼床でカフェを楽しめるのは全店舗の中で「スターバックス 三条大橋店」だけです。早速ご紹介しましょう!

納涼床でカフェが楽しめる世界に一つだけのスタバ

「スターバックス 京都三条大橋店」は「京阪三条」駅から徒歩2分ほど歩いた場所にあるので、アクセス・ロケーションは抜群に良いです。駅から地上に出て、鴨川を跨ぐ三条大橋を渡ればすぐ目の前の鴨川沿いにあります。

こちらがスタバの入っている建物です。レンガ造りの洋館風の外観と川沿いにせり出すように設置された納涼床が目印。やはり天気が良い日は人気の席のようです。

店内はこんな感じです。大きな窓からは陽の光が燦々と降り注ぎ、店内は明るい印象。

早速いつもスタバに来ると頼んでいるアイスラテを片手に、外に出てみました。訪れたのが平日の午前中ということもあり、納涼床の席も選びたい放題でした。

感想は、、、、、もう言うまでもなく最高です!目の前を流れる川のせせらぎに耳を澄ませ、青い空と対岸の緑の美しいコントラストを眺めながら、冷たいラテを乾いた喉に流し込む。本当に贅沢な時間です。

鴨川沿いには、ギターを片手に歌にもならない歌を熱唱するおじさんや、ダンスの練習をしている大学生、さらには肩を並べながらその場に座り込むカップルなど、本当に色々な人がいて人間観察をするのも面白かったりします。

この日は「ここはお前らの家か!」という勢いで寛いでいる旅行者の姿を見受けられました。でも、こんなゆるくて自由な空気が流れているのも鴨川の魅力だったりするんですよね。

友人が夏の時期に京都へ遊びに来た際は、このスタベへ連れて来たくなります。皆さんも京都へ旅行に来た際は是非スタバで納涼床を体験してみてください!※納涼床の営業期間は下記詳細情報よりご確認ください。

「スターバックス 京都三条大橋店」の口コミ

「スターバックス 京都三条大橋店」のおすすめポイント

NEOが実際に行ってみて感じた「スターバックス 京都三条大橋店」のおすすめポイントはこちら!

•京都の夏の風物詩・納涼床でカフェが楽しめる世界に一つだけの店舗

•納涼床の席に座りながら、鴨川にいる人たちの人間観察が楽しめる

•雨天時は、屋内で鴨川の景色が眺められる地下フロアの席もオススメ

「スターバックス 京都三条大橋店」のアクセス・詳細情報

住所 〒604-8004 京都府京都市中京区中島町 京都市中京区 三条通河原町東入ル 中島町 113 近江屋ビル
営業時間 8:00~23:00 定休日:不定休 納涼床期間:5月〜9月
納涼床の営業時間 5,9月は11:30-22:00、6,7,8月は16:00-22:00
ホームページ http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=68
アクセス 京阪三条駅 徒歩2分
京都市営地下鉄三条京阪駅 徒歩3分
Translate »